fc2ブログ
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2018-08-09 (Thu)
これまでは腎機能低下を考慮してドライフードは
フォルツァ10リナールアクティブを選んでいました


20180806_204347.jpg
新しい数値でも手作りごはんを作れる試算ができました♪

先日の急性膵炎はだいぶ落ち着きましたが
膵臓に負担をかけない食事に切替えないといけなくなり


20180731_053551.jpg


病院で勧められたのはロイヤルカナンの消化器サポート
膵臓を考慮した脂質が低いなどの成分内容ですが
腎臓に負担がかかるリンの含有量が療法食ラインより高いので
食べ続けた場合の腎臓へのダメージが心配でした

獣医さんからも1か月を目途に
膵臓と腎臓、両方に負担がかかりにくい方法を
検討していこうというお話だったので色々と調べました


IMG_1489.jpg
真空パックで販売されていて、封を切るとプシューと大きな音が♪
新鮮~って実感できます(*^_^*)

見つけたフードはナチュラルハーベストのキドニア


腎臓に負担がかからないようにするには
低リン・低タンパク質(説が色々あり、チョビ家では不採用)・
低ナトリウム(症状が軽い&心臓に影響がないか心配でチョビ家では不採用)・
高脂質(低タンパク質をカロリーで補うためらしい)という条件ですが


IMG_1486.jpg


膵臓に配慮する場合は、低タンパク質(初期だけのよう)・低脂質・
低炭水化物にするのが良いとされています
脂質に対する考え方が真逆となる、膵臓と腎臓への配慮したフード・・・


hikaku.jpg



①これまでのフード
②病院で当初1か月用に勧められたフードA
③病院で当初1か月用に勧められたフードB
④上記①~③の数値から勘案して腎臓と膵臓に配慮できそうと選んだフード



IMG_1513.jpg
キドニアを味見~目が真剣すぎつっ


④のナチュラルハーベストのキドニアは
腎臓用療法食なのでリン値が低めに設定されています
脂質も10%と①より低く、②よりは高いですが③と同等

炭水化物は①よりは低いものの②③に比べると高いですが
夕食はこれまでのように 手作りスープを新しい配合で
作る予定なので、そこで1日トータル量で②の53%に近づける予定です

脂質も夕食で調整して1日量では10%ではなく②同等の7%設定に

タンパク質は元々3.06/1kgに設定しててこれまでも①②③より多い配合でしたが
数年続けていて血液検査も良好だし
良質なタンパク質は体を作る源なのでこれまで通り19.9g/日に夕食で調整
(夏場は運動量が減るので2.69/1kgで17.5g/日)
脂質やリン値が優先されるので2.0~3.06h/1kg範囲内になるようにする


計算表


しばらくは②と④のフードを混ぜて
その後は④のみにし 慣れたころに夕飯の新デリスープを
開始できたらいいなと思ってます


膵炎直前に作りためした20食強のデリスープは
計算し直して、数値がダメだったら
勿体ないけど廃棄かなぁ・・・
しょうがないですね~


IMG_1514.jpg


私の指まで美味しく食べてくれました(* ´艸`)
ちゃんと痛くはないようにしてくれてまーす

+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚++☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+

☆ ランキング参加していマス☆

↓ポチっと↓応援 お願いします U。・ェ・。U

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚++☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+
| 膵臓腎臓ケアごはん | COM(9) | TB(0) |
コメント

























管理者にだけ表示を許可する